隠れ家スタジオPECC

脳から身体を変えるダイエットトレーナーの、ただ体重を落とすだけではなく「健康的に見た目」を変える『人生最後のダイエット』ブログです!

見た目痩せする「夜の習慣」

 

こんにちは!

 

福岡大野城パーソナルトレーニングジム

隠れ家スタジオPECCの上野弘美です^ ^

 

 

 

 

 

 

あなたは、夜何をしていますか?

寝る前は、どのようなことをしていますか?

 

 

 

もしかしたら

夜の行動で、体型に差が

でているのかもしれません?!

 

 

 

 

 

今回は、

見た目痩せするための

夜の習慣をお伝えします!

 

 

 

とても簡単なものばかりです

ぜひ、実践できるものから

取り入れてみてください。

 

 

 

6個紹介するので

まずは、ご自身が

何個、該当しているか?

確認してみてください!^ ^

 

 

 

 

 

夜の習慣①

「寝る2〜3時間前までに

夜ご飯を食べ終わっている」

 

 

 

 

 

寝ている間に

成長ホルモンが分泌し

身体を作ってくれます。

(細胞の再合成)

 

 

 

なので、寝る前に

必ず、ご飯を食べて欲しいのですが

 

 

 

直前はダメ!です!

 

 

 

逆に、夜ご飯から

寝るまでの時間が長いのも

 

 

 

「ダメ!」

 

 

 

消化吸収のことを考えると

寝る2〜3時間前が

ちょうど良いようです!

 

 

 

 

 

夜の習慣②

「寝る1時間半前に

入浴を終わらせる」

 

 

 

 

睡眠の質を上げる

ポイントの1つで

 

 

 

「入眠」が

とても大事です!

 

 

 

入眠のタイミングで

体温が下がっていくと

自然に眠れます。

 

 

 

なので、寝る前に

入浴し、体温を1度上げます。

 

 

 

そして、お風呂上がり

1時間半頃が

ちょうど、上がった体温が

下がってくるタイミングです!

 

 

 

その時間になるように

入浴と入眠を調整しましょう!☺️

 

 

 

 

 

夜の習慣③

「入浴後・睡眠前に

水分補給をする」

 

 

 

 

入浴でも

睡眠でも

大量の水分を使います。

 

 

 

なので、入浴後も

睡眠前にも水分補給をしていないと

翌日起きた時には

軽い脱水症状になっています。

 

※本人が気付いていないだけの可能性があります。

 

 

 

水分は身体にとって

とても大事な栄養素です。

 

 

 

なので、入浴後にも

睡眠前にも、コップ1杯分の

水分補給をしましょう!

 

 

 

 

 

夜の習慣④

「ストレッチ」

 

 

 

 

 

1日の活動によって

筋肉が疲れています。

 

 

 

レーニングをしている場合は

余計に、金疲労しております。

 

 

 

筋肉は鍛えるばかりに

意識が向きがちですが

鍛えるより、大切なのが

「ケア」です!

 

 

 

筋肉は「縮める(硬く)」

だけでは、強化されません

「伸長(伸びる)」と「縮める」を

繰返すことで、強化されます。

 

 

 

レーニング効果UP

のためにも、行って欲しいですし

 

 

 

ストレッチをすることで

・リラックス効果

・血流の促進効果

・むくみの解消

疲労回復

・正しい姿勢に戻る

など

 

 

 

たくさんの

効果があります!

 

 

 

ぜひ、1日5分からでも

実践してみてください!

 

 

 

 

 

夜の習慣⑤

「呼吸(マインドフルネス)」

 

 

 

 

 

呼吸が荒いまま
(呼吸が浅いまま)寝ても

実は、睡眠の質は低下しています。

 

 

 

睡眠の質を向上させるためにも

呼吸を整えることは大事です!

 

 

 

呼吸を整えることの

メリットは様々あります。

 

 

 

・脳がクリアになってスッキリする

・脳の幸福ホルモンが分泌する

・記憶力、集中力、創造性などが向上する

・ウエストが締まる

・姿勢が整う

疲労回復、体力低下を防ぐ

・モチベーションが向上する

 

 

 

など、

たくさんの効果・恩恵があるので

ぜひ、実践してみてください。

 

 

 

まずは、何も考えず

呼吸にだけ意識を向けて

ゆ〜っくり息を吐く

 

 

 

それだけを、繰り返しやってみてください!😊

 

 

 

 

 

夜の習慣⑥

「寝る1時間前はスマホを見ない」

 

 

 

 

 

スマホだけではなく

電子機器全般的に言えます。

 

 

 

寝る前に、どうしても

TVやスマホを見て

楽しい動画やメールのチェックなど

してしまいませんか?

 

 

 

電子機器の光を見てしまうと

交感神経が優位になってしまい

脳が覚醒状態になってしまいます。

 

 

 

それと、光を見ることで

脳がお昼だと、錯覚を起こして

しまいます。

 

 

 

すると、睡眠の質の低下に繋がります。

 

 

 

寝る前は、できるだけ

電子機器関係の

使用を避けましょう!

 

 

 

 

 

 

 

今回の内容は、いかがでしたか?

 

 

 

実践してみての質問や感想も

お待ちしております!

どうぞ、こちらにご連絡ください!😊

 

pecc2016.com

 

 

 

 

 

Instagramでも

このような情報を配信しています!

ぜひ、ご覧ください(保存ができます)

https://instagram.com/pecc20160331?r=nametag

 

 

 

 

 

今年の夏こそは

「見た目痩せ」して、

楽しい満喫した夏にしたい!

と、思っている方

 

 

 

ダイエットモニターを募集しております!

詳細は、こちら

 

pecc2016.com

 

 

 

 

 

 

 

 

大野城ダイエット 大野城パーソナルトレーニング

春日ダイエット 春日パーソナルトレーニング

筑紫野ダイエット 筑紫野パーソナルトレーニング

太宰府ダイエット 太宰府パーソナルトレーニング

那珂川ダイエット 那珂川パーソナルトレーニング