隠れ家スタジオPECC

脳から身体を変えるダイエットトレーナーの、ただ体重を落とすだけではなく「健康的に見た目」を変える『人生最後のダイエット』ブログです!

動かしているけど痛い!慢性的な肩こり以外な対処法!

 

こんにちは!

今回は、慢性的な肩こりで悩んでいる

主婦の皆さんに向けた内容です。

 

 

 

 

・もう何年も前から、慢性的に痛い。

・何もしなくても、ズンっと重い感じがする。

整骨院の先生から動かしてと言われ、動かしているけど改善しない。

このような症状を解消していきます。

 

 

 

 

 

痛みが続くと、それがストレスになるし

ずっと重いと、気になって他のことが出来なくなったり

何をしたら良いのか?わからなくなると、不安を感じますよね。

 

 

 

 

慢性的に痛みを感じている場合

「これが原因です」

特定が難しいです。

 

 

 

 

そんな時に、どのような

改善方法があるのか?を

お伝えしていきます。

 

 

 

 

結論から伝えると

「睡眠」です。

 

 

 

 

 

 

「えっ?睡眠?」って

思いませんでしたか?

 

 

 

 

睡眠と肩こりが、どう関係するの?

と、不思議に思いますよね。

 

 

 

 

でも、実は

「痛み」と関係があります。

 

 

 

 

睡眠不足、もしくは睡眠の質低下で

「脳」の機能が低下します。

 

 

 

 

しっかり睡眠をとった時と

いつもより睡眠が、たった1時間短かった時では

痛みに対する反応が違ったようです。

 

 

 

 

睡眠が1時間短くなるだけで

20%以上も、痛みを感じるようになるそうです。

※個人差はあります。

 

 

 

 

なので、もう何年も続いている肩こり

肩に対して、色々と試してみたと思います。

肩に直接ではなく、生活習慣から見直してみませんか?

 

 

 

 

よく、主婦の方で相談を受けると

晩ご飯を食べた後に、どうしても一度寝てしまう。

という方が、結構います。

 

 

 

 

うたた寝を」してしまうと、

睡眠の質が一気に低下します。

 

 

 

 

寝る前に、全てを終わらせて寝る、か

もう寝てしまって、翌日にするか。

どちらかに、変えてみてください。

 

 

 

 

お仕事もされている方であれば

仕事から帰って、すぐに夕飯の準備をして

家族によっては、食事のタイミングがバラバラで

何度も用意をしないいけない。

お風呂の準備も、後片付けもしなければ、と

とても大変だと思います。

 

 

 

 

だからこそ、です!

 

 

 

 

睡眠の質が低下したまま

今のようなことをこなすのは

逆に、自分に負担をかけてしまっています。

 

 

 

 

キツいとは思いますが

ぜひ、改善されてみてください。

 

 

 

 

他にも、今の睡眠時間が

6時間未満であれば

7時間以上は寝ることを

心がけてみてください。

 

 

 

 

6時間の時と

7時間の時で

翌日の1日の肩の痛み

活動量・体力の消耗を比べてください。

 

 

 

 

睡眠時間が長い方が

好調だと実感するはずです。

 

 

 

 

今日もお付き合い、ありがとうございます^ ^

 

 

 

 

 

 

不良姿勢からくる、

慢性的な肩こり改善をしております。

 

相談も受付しております。

相談・ご不明な点・感想などはこちらへ↓

お気軽にご連絡ください^ ^

 

pecc2016.com

 

 

 

 

 

大野城ダイエット 大野城パーソナルトレーニング

春日ダイエット 春日パーソナルトレーニング

筑紫野ダイエット 筑紫野パーソナルトレーニング

那珂川ダイエット 那珂川パーソナルトレーニング