2ヶ月のトレーニングが終了しました!その変化です!~福岡 パーソナルトレーニング 大野城~

 

 

 

2ヶ月のトレーニングが終了しました!その変化です!~福岡 パーソナルトレーニング 大野城

 

 

 

 

 

「何でトレーニングをしようと思ったのですか?

 

レーニングしてどうなりたいのか、教えてください」

 

そう聞くと

 

 

 

 

 

 

「とにかく見た目を変えたいです」

 

それ以外にないのかな?と想い、聞いてみた。

 

「他には、何かトレーニングする理由はありませんか?」

 

すると、困ったように考えだした。

 

「う~ん、、、特に、他に理由は見つからないです。

 

とにかく見た目が変われば、それでいいです」

 

そう笑って答えてくれた。

 

「そうなんですね、ありがとうございます。

 

わかりました、とにかく見た目を変えればいいのですね。

 

『ボディメイク』が、ご希望ですね。

 

一応確認なのですが、体重を落としたいなどの目的はないのですか?」

 

 

 

 

 

「そうですね、体重も落ちたら嬉しいけど、見た目が変わる方が嬉しいです」

 

「なるほど、わかりました。

 

体重は数字を言わなければわかりませんもんね。

 

見た目は、当然、見ればわかる。

 

この見た目の、ボディラインを変えていきましょう」

 

「はい、お願いします。

 

あっ、ついでに肩こりも治ると嬉しいです!」

 

そう、笑いながら教えてくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

40代女性のNさんは

 

よく話しを聞いていくと

 

エスト、背中、二の腕

 

それに、姿勢(猫背)が特に気になるようでした。

 

まずは、2か月間と

 

短期的に目標を決め、トレーニングを開始しました。

 

今回は、上半身をメインに行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

その結果が、コチラ ⇓ ⇓ ⇓

 

《ビフォー》

 

 

 

 

《アフター》

 

 

 

 

 

《お客様の声》

 

 

 

 

 

 

 

大変だったことが、特にない。

 

と、お答えになりましたが

 

今回、お客様の希望で

 

「食事」を特に改善していません。

 

お酒も飲みたいし、好きなものを食べたい

 

なにより、制限がかかるのが嫌そうでした(笑)

 

 

 

 

 

 

ただ1つだけ、間違った解釈を変えました。

 

それは、「米」に対してです。

 

炭水化物を摂取すると、太ってしまうという

 

間違った解釈をしていたので

 

最初に、その思い込みを外しました。

 

なので、2ヶ月の間は

 

好きなように、ご飯を食べてもらいながらトレーニングをしました。

 

お米を食べても太らないんだ。

 

そう思えるようになったみたいです!(^^)

 

それ以外の食事は、自由にしてもらっていました。

 

週に、多い時で3回位飲みにも行っていました。

 

なので、特に大変だったことがなかったようです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

隠れ家スタジオPECCに来店する前は

 

半年位、ご自身でトレーニングをしていたようです。

 

最近ハヤリの24時間フィットネスです。

 

筋トレを我流でしても

 

とくに効果も変化もなかったようで

 

そんな時に、来店していただきました。

 

今では、フィットネスジムでの筋トレの方法も体得し

 

ジムでのトレーニングも慣れたようです。

 

24時間フィットネスが悪いわけではないです

 

自分に合っているか?

 

そして、正しく活用できているか?

 

それが、重要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

レーニング初心者の方がいくところではないのに

 

この方は、使い方もわからずに行って

 

うまく活用できていなかった。

 

でも、正しいトレーニングを知り体得できたので

 

フィットネスジムにある

 

レーニング器具を活用できるようになりました。

 

ぜひ、ご自身に合っている

 

レーニング習慣を見つけてくださいね!

 

そういった相談も受け付けています

 

気になる方は、一度ご連絡ください。

 

pecc2016.com

 

大分県姫島に行って参りました!(^^)~福岡 パーソナルトレーニング 大野城~

 

 

 

 

先日、大分県にある

 

『姫島』という島に行ってきました!

 

大分の友人と合流するということで

 

大分の観光地を探していたら、見つけました。

 

伊美港から、20分程度で着きます。

 

なんと、「古事記」にも記されている島だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

自転車で、島を1周しました。

 

姫島にある、「姫島七不思議」を探索してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに自転車を漕ぐのは久しぶりです!

 

道中の海岸は、とてもキレイでした。

 

この海にくるだけでも、価値があります。

 

夏は、バーベキューができるような浜辺で

 

宿泊施設も、用意されていました。

 

 

 

 

 

 

島を1周したのちに

 

車エビの踊り食いが有名なのですが

 

時期が違うそうで、踊り食いはできませんでした。。。

 

でも、普通にでてくる車エビが

 

すっごく美味しかったです!(^^)

 

こんな時位しか、できない贅沢ですね~笑

 

 

 

 

 

 

クルージング船で、島の外を1周できるサービスもあるそうです。

 

家族連れで来られている方が多かったです。

 

ぜひ、機会がありましたら

 

行くことをお勧めします!(^^)

 

 

 

 

 

 

上野弘美プロフィール ⇓ ⇓

 

 

pecc2016.com

コアってどこ?サッカーをしている小・中学生のためのコアトレーニング~福岡 パーソナルトレーニング 大野城~

 

 

 

コアってどこ?サッカーをしている小・中学生のためのコアトレーニング~福岡 パーソナルトレーニング 大野城

 

 

 

 

 

「コアトレーニングってどうやって鍛えるの?」

 

「そもそも、コアってどこのこと」

 

「コアとトレーニングすると、どうなるの?」

 

 

 

 

 

 

こんな質問を、よく受けます。

 

体幹レーニングが主流になってきた現在

 

ちょっとずつ、その中でも「コア」が大事ですよ!

 

そう言われるようになってきました。

 

 

 

 

 

 

 

皆さん、「コア」って聞いたことありますか?

 

何となく聞いたことがある。

 

そうおっしゃられる方が、大半だと想います。

 

今回は、この「コア」に注目した内容です。

 

 

 

 

 

 

今日は、「コア」ってどこなのか?を明確にしていきましょう。

 

コアってどこのことだと想いますか?

 

「コア」=「核」

 

何となく、身体の中で、中枢の大切な部分だとイメージができます。

 

では、身体の部位では

 

どこのことが、コア(核)でしょうか?

 

 

 

 

 

 

それは、「腹部」のことです。

 

 

 

 

 

 

腹腔内を取り囲む4つの筋肉で構成するものを

 

「コア」と、言います。

 

 

 

 

 

 

1つ目は「腹横筋」

 

この筋肉を別名

 

「クビレ筋」「コルセット筋」などと

 

僕は呼びます!笑

 

約360度、腹部を取り囲みます。

 

腹部を安定させるには、この筋肉の安定が必須になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

2つ目は「多裂筋」

 

首から骨盤までの背骨を全て繋げている筋肉です。

 

この筋肉を強化することで

 

背骨の安定性が増していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

3つ目は、「骨盤底筋群」

 

この筋肉は、1つの筋肉ではないので

 

骨盤底筋「群」とつけられています。

 

この筋肉の役目の1つで

 

内臓を正しい位置に戻す役目があります。

 

内臓の位置が正しい位置に安定することで

 

身体のバランスが保たれていきます。

 

 

 

 

 

 

4つ目は、「横隔膜」です。

 

この筋肉は、4つの筋肉の中で

 

唯一の「随意筋」とい言われています。

 

随意筋とは、意識的に動かすことのできる筋肉ということです。

 

他の3つの筋肉は、実は、無意識に動いている筋肉です。

 

なので、この横隔膜だけが意識的にトレーニングできる筋肉ということです。

 

コアを強化するトレーニングで、ポイントとなる筋肉です。

 

 

 

 

 

 

 

どうでしたか?

 

初めて見る筋肉だったり

 

初めて聞く筋肉の名前や、役割だったと想います。

 

レーニングする時に

 

1つ1つ、どの筋肉をトレーニングしていくか?

 

しっかり理解することが

 

効率良く効果を得る、1つの方法です。

 

今後主流になっていく「コア」です。

 

自分の身体を自分で守る際に

 

必ず必要な筋肉となります。

 

ぜひ、把握しておくことをお勧めします!(^^)

 

 

 

 

 

 

コアトレーニングをしているYouTubeです!

 

www.youtube.com

 

 

 

 

さらに詳しく知りたい方、ご質問のある方は、コチラからお願いします!

 

pecc2016.com

 

ゴルフトレーニング体験は、ご自身のスポーツ歴の棚卸し~福岡 パーソナルトレーニング 大野城市~

 

 

 

ゴルフトレーニング体験は、ご自身のスポーツ歴の棚卸し~福岡 パーソナルトレーニング 大野城市

 

 

 

 

 

 

 

「まったく、こんなところ意識しとらんやった!」

 

驚いた表情で、関心を持って僕の話しを聞いてくれた。

 

 

 

[video width="540" height="960" mp4="http://pecc2016.com/wp-content/uploads/2019/05/579791475.506978.mp4"][/video]

 

 

 

 

 

「ここの筋肉を今まで、まったく意識したことがなかったです。

 

この筋肉を使うだけで、全然バックススイングの身体の動きが違います。

 

とてもスムーズで、力が抜けているのに、しっかり力が入る。

 

たった一つのエクササイズで、こうも変わるなんて、不思議っすね」

 

そう話してくれたのは、30歳前後の男性Tさんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴルフを本格的に始めたのは、ここ3年。

 

その前は、1年に1回納会でラウンドする位で、納会前に数回打ちっ放しに行く程度。

 

ここ3年は、1~2ヶ月に1回はラウンドする頻度。

 

アベレージは96、最高スコアは86。

 

ドライバーが調子いい時はスコアが伸びるが、安定しないことが課題。

 

安定しているときは、270~300ヤードはいくそうでした。

 

とくに、バックスイングのトップが安定しないので、現在はトップの高さを低くし、フェアウェイ率を上げることを重視しているため、飛距離が伸びない。

 

そんな課題を持っている方でした。

 

 

 

 

 

 

 

スイングを見させていただくと

 

インパクトからフォロースルー、フィニッシュへの、上半身の動きは

 

スムーズで、キレイに見えました。

 

高校野球で甲子園にでたほどの実績のある方で

 

野球のバットスイングのおかげで、キレイな状態でできていることが、うかがえました。

 

 

 

問題は、下半身の動き。

 

Tさん、スイングを見させていただき、ありがとうございます。

 

上半身の動きはキレイにできていると想います。

 

バックスイングから、インパクト時の背骨

 

フォロースルーからフィニッシュまでの背骨の動きも良かったですよ」

 

安心した表情で、話しを聞いてくれた。

 

「下半身の動きがよくなれば、さらに良いスイングができるようになると想います。

 

重心移動は、さっき質問いただいたように、移動します。

 

バックスイングの時に右に重心は移動しますし

 

バットスイングからフィニッシュにかけて、左に重心移動します。

 

その際、どのように重心移動しているか?が重要になります。

 

骨盤から移動はしていますが、その時に上半身が上手く移動できていません。

 

それは、下半身の使い方が改善できれば、上半身も改善できます」

 

「なるほど、そうなのですね」

 

Tさん、もう一度スイングしていただいていいのですが

 

アドレスからバックスイングに行く時に、どこを意識していますか?

 

ちょっと確認していただいてもいいですか?」

 

そうお願いすると、ゆっくりと

 

自分の身体をどのように動かしているのかを

 

丁寧に確認しだした。

 

 

 

 

 

 

 

「ここを、引くようなイメージで意識していますかね、、、」

 

と、話しながら、股関節の前を指した。

 

Tさん、ありがとうございます。

 

よくゴルフで聴く言葉で

 

『腰で振れ』

 

そう聞きますが、聞いたことありますか?」

 

「そうですね、やっぱり腰が回らないと

 

バックスイングもフィニッシュも上手くいかないし

 

やっている人からは、よく聞く言葉ですね」

 

「ですよね、僕もゴルフを始めた時、よく言われていました。

 

腰が回っていない、腰をもっと大きく回せ。などを

 

でも、これって、実は違うって知っていましたか?」

 

と、聞くと

 

驚いた表情で

 

「えっ?!そうなんですか?」

 

と、聞き返してきた。

 

 

 

 

 

 

 

「腰で回すっていうのは

 

骨盤と肋骨の間にある、背骨を指していますよね。

 

この背骨を腰椎と言います。

 

この腰椎を回すことが、腰を回せという意味ですが

 

実は、この腰椎、動かしたらダメな部位なんです」

 

そう伝えると、とても困惑した表情で

 

疑問だらけなのが、伝わってきた。

 

「この腰椎を回すと、腹筋周りの筋肉が捻じれます。

 

これだと、腹筋群の力が発揮できない状態になり

 

パワーもなければ、安定もしないスイングになってしまいます。

 

では、どこを回せばいいのかというと

 

『骨盤』なのです。

 

そういうと、「何だ、骨盤かよ、俺は回しているよ」

 

そんなことを思う方も多いのですが、ほとんどの方が、実は回っていません」

 

「その骨盤を回せるようになるには、どのようにしたらいいのですか?」

 

「ご質問ありがとうございます。

 

そこが、一番気になりますよね!

 

それは、言葉で伝えても、身体が反応しないと意味がないので

 

レーニングで、身体でしっかりと体感してください。

 

では、トレーニングをしてみましょう!」

 

「わかりました!」

 

と、気合の入った声で、トレーニングにはいった。

 

 

 

 

 

 

「めっちゃ効きますね、コレッ!

 

今まで、こんなところトレーニングしとらんやった

 

野球で筋トレしても、こんなとこ知らんやったです」

 

とてもキツそうな中、楽しそうに苦しそうにトレーニングをしていました(笑)

 

OKです!

 

一度立って、さっきの片足立ちのバランスを確認してください」

 

そう言って、トレーニング前と後での違いを確認しだした。

 

「うわっ、全然違う、すぐにわかる、右足にめっちゃ力が入る!」

 

そう教えてくれました。

 

「そしたら、次に、もう一度スイングをしてみてください」

 

ゆっくりとスイングをしだした。

 

「やっぱりこれも違う!右に重心が乗る!

 

下半身が安定するから、上半身の力が抜けるけど、力が入る!

 

絶対にこれは、飛距離が伸びる!」

 

レーニング前と後での、身体の変化がしっかり体感できたようです。

 

「このトレーニング凄いですね!

 

学生時代に、毎日トレーニングしていたからわかります。

 

自分の身体が変わるのが、凄くわかります。

 

これは、トレーニングをしていた人は

 

全然違うことが、絶対にわかりますよ!

 

ゴルフに限らず、どの競技にも通じると想います。

 

やっぱり、技術の前に

 

こういった、身体の土台が必要ですね。

 

現役の頃に思っていたのですが、今回また再確認できました。

 

ありがとうございます!」

 

そう言っていただいた、とても嬉しい瞬間でした。

 

 

 

 

 

 

たしかにゴルフに限らず、どのスポーツでも想います。

 

技術の土台は、身体だと。

 

身体の支えが合って、初めて技術は活かされる。

 

今回のように、スポーツ歴が長い方には

 

ご自分の、身体の「棚卸」をしていただきたいと想っています。

 

何度もスイングしながら、トレーニング前後で

 

ご自身の身体と会話することがあります。

 

その際に、自分の身体が、どのように動いているか

 

しっかり把握できる時間になります。

 

そして、正しい身体の入力をする必要があります。

 

入力をする際にも、自分の身体の動きを把握できなければ

 

入力が難しくなります。

 

しっかりと、ご自身の身体と向き合いながら

 

新しい発見を、空いた棚に入れてください。

 

 

 

 

 

 

 

⇓ トレーニング体験の申し込みはコチラから 

 

pecc2016.com

 

 

サッカーをしている中学生のための、パフォーマンスが向上するコアトレーニング教室~福岡 パーソナルトレーニング 大野城~https://pecc2016.com/contact/

 

 

 

サッカーをしている中学生のための、パフォーマンスが向上するコアトレーニング教室~福岡 パーソナルトレーニング 大野城

 

 

 

 

 

 

「うわぁぁぁ、めっちゃ効くぅぅぅ、ヤバい!キツイ!!」

笑ながらうめき声をあげる、サッカーをしている中学生達。

本当にキツそうだが、本当に楽しそうだ。

思わずこっちも楽しい気持ちで、トレーニングに取り組んでいる。

 

 

 

 

 

 

「オッケー!終了!」の合図とともに

「よっしゃー、やっと終わった、めっちゃキツかった~ヤバかったね!」と声が聞こえる

集中して、最後までやり遂げた、達成感があり

言葉とは逆で、とても楽しそうな空間だった。

 

 

 

 

「呼吸が整った人から立って、さっきやった片足立ちの確認してみて

さっきやった時の弱かった方の脚ですると、変化がわかりやすいからね」

そう言うと、興味津々で、さっきと同じペアで、順番に片脚立ちを始めた。

 

 

 

 

「うわっすっげぇー!」

 

「何これっ??さっきと違う!」

 

「めっちゃ強くなった!」

 

 

 

 

嬉しそうに、自分の変化を実感していた。

「ちゃんと、ペア交代して、お互いの変化をチェックしてね、押す側もやって、相手の変化を感じることで、自分の変化を再確認できるから、お互いにやってね」

その言葉を聞くと

「変わろうか、さっきと変わるけん、やってみて」

と、とても楽しそうに、お互いの変化を確認しだした。

 

 

 

 

 

 

子ども達は、とても素直です。

変化を感じると、とても楽しそうにするし

キツイだけだと、集中力が続かない。

頭の理解、理論や理屈の理解には限界がある。

いくら大人が、これはいいから、将来の役に立つから

そう言っても、体感がともなっていないと、実行に移さないです。

 

 

 

 

 

今では、現役の日本代表選手や、海外の有名選手が

フィジカルトレーニングや体幹レーニングに取り組んでいる。

そんな情報が流れてきているから、子ども達もやってみようとは思います。

でも、それが続くか、というと別の話しになってしまいます。

あの選手だから、、、と、結局トレーニングから遠ざかってしまう可能性もあります。

レーニングの効果も、サッカーの練習と同じで、続けなければ意味がありません。

効果が得られるのか実感のないものを継続するものほど、辛い作業はありません。

ましてや、それを、中学生などの子どもにさせるのは酷です。

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら、自分自身

子どもの頃に、その当時は体幹レーニングがなかったので

フィジカルトレーニングに取り組んでも

効果を実感しないし、このトレーニングによって

どう、サッカーのパフォーマンスが向上するか

まったくイメージが湧きませんでした。

 

 

 

 

 

だから、取り組まないし

取り組んだとしても、続きませんでした。

 

 

 

 

 

 

そんな自分自身の、サッカー13年の経験と

現在のパーソナルトレーナー11年の経験を踏まえ

子ども達でも、すぐに変化を実感できて、効果を得られるトレーニングを提供しようと思いました。

サッカーと一緒で、トレーニングも楽しくないと意味がない。

サッカーと一緒で、成長している効果を得ている実感がないと取り組みません。

 

 

⇓   ⇓   ⇓   ⇓

 

 

 

 

 

 

レーニングをすることで

体幹が強くなる、姿勢がよくなる、運動神経がよくなる

足が速くなる、持久力が向上する、など

そんなことを、良く聞くと思います。

 

 

 

 

 

 

 

そうではなく、トレーニングをすることで

「サッカーのパフォーマンスが向上する」

ここに直結させる必要があります。

 

 

 

 

 

会社の社長が、利益が向上しない

取り組みを続けないのと同様

選手も、パフォーマンスが向上しないものを

続けることはありません。

 

 

 

 

 

 

レーニングの目的は、常に

「サッカーのパフォーマンスを向上させる」

でなければなりません。

 

 

 

 

 

 

そのために必要な要素は

「心・技・体」の3つで、良く言われます。

私も、三大要素は、この3つだと思いますが、少し違います。

「技」は「心と体」の土台の上になりたっていると思います。

 

 

 

 

 

 

技術がいくらあっても、精神的に弱かったら、その技術は発揮できません。

技術がいくらあっても、その技術を実現するための、身体がついていかなければ、その技術は実現できません。

 

 

 

 

 

とくに「身体」の方は

「コーディネート力」と言って

「脳」でイメージした身体の動作を

神経を通し、そのイメージ通りに身体を動かす能力が必要になります。

 

 

 

 

 

 

たとえば、日常で

これ位の段の高さであれば、これ位足をあげていれば大丈夫と思っていたけど

実際は、その段に躓いたりしたことありませんか?

壁の横を通ろうとした時、これ位離れていれば壁に当たらないと思ったけど

その壁に足の小指を当てて痛い思いをしたことありませんか?

それは、脳のイメージと実際の身体の動きが一致していないということです。

 

 

 

 

 

 

よく、スポーツ選手が引退する時に

「自分のイメージ通りにプレーができなくなった」

そんな話を、よく聞きます。

このコーディネート力は、できるだけ早い時期に養う必要があります。

大人になって、筋力が増える話は聞きますが

運動神経がよくなった、なんて話を聞いたことがありますか?

「ないですよね」

それは、その能力の成長が

中学生くらいの時期まででストップするからです。

 

 

 

 

 

 

体幹レーニングが主流になり

ただ何となく、見よう見真似で

体幹レーニングをしていれば良いと思っている

監督、コーチ、親御さんがいるようですが

レーニングには意味があります。

 

 

 

 

 

 

 

私は、高校時代に

理論も理屈も根拠もない、練習やトレーニングをしていました。

とても大事な3年間、ずっとです。

その時に感じていたものが

「何でこのトレーニングをするのか」

「この練習が、どう試合に必要なのか」

それらを解決できる人に指導して欲しいと願っていました。

 

 

 

 

 

 

 

中学生を、子どもと表現してきましたが

もう立派な大人です。

自分がするものに、納得が必要です。

「これを、やっとけばいいんだ!」

そんな指導は、通用しません。

 

 

 

 

 

 

しっかりした、意味のある、根拠のあるトレーニングで

子ども達の可能性を引き出しませんか?

中学生は、無限の可能性をもっています。

 

 

 

 

 

 

本田圭佑選手は、ガンバ大阪ジュニアユースから、ユースにあがれませんでした。

中澤佑二選手は、高校を卒業しても母校で練習し、ヴェルディユースとの練習試合時に活躍し、ヴェルディの練習生になりました。

中学生は、可能性がいっぱいあります。

その可能性が成長する手助けをさせていただきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

「サッカーをしている中学生のための

サッカーのパフォーマンスが向上する、コアトレーニング教室」開催します。

 

 

 

 

 

 

 

【コアトレーニング教室詳細】

 

日程:毎週月曜日開催

 

第1週目:体幹レーニン

http:// https://pecc2016.com/サッカー少年のための体幹トレーニン/体幹トレーニングで、体幹が安定するって嘘っ%ef%bc%9f/

 

 

 

 

第2週目:下半身強化トレーニン

http:// https://pecc2016.com/サッカー少年のための体幹トレーニン/2189/

 

 

 

 

 

第3週目:上半身強化トレーニン

 

http:// https://pecc2016.com/サッカー少年のための体幹トレーニン/サッカーは上半身を鍛える必要はない%ef%bc%9f%ef%bc%9fって本/

 

4週目:メンタル(脳)トレーニン

 

 

 

 

 

 

小学生の部18:00~18:50

 

中学生の部19:00~19:50

 

各クラス定員:5名

 

場所:隠れ家スタジオPECCスタジオ

 

 

 

 

 

 

入会金:5400円

 

月会費:2500円(トレーニング1回分)

 

10回券:12500円 (有効期限:12ヶ月)

 

5回券:7500円 (有効期限:5ヶ月)

 

単発料金:3000円(未入会者価格)

 

 

 

【体験受付中】

 

体験価格:500円

 

ご都合の良い月曜日にご参加ください。

 

事前の予約が必ず必要となります。

 

pecc2016.com

 

サッカー中と、後のケアはどうするの??~福岡 パーソナルトレーニング 大野城~

 

 

 

サッカー中と、後のケアはどうするの??~福岡 パーソナルトレーニング 大野城

 

 

 

先日、年明け振りにサッカーをしてきました!

 

高校の後輩から、人数が足りないので呼んでもらいました。

 

初めて行きました、グリーンピア八女、芝生グラウンドです

 

芝というだけで、テンションUP!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

20分4本の予定が、もう1チームの助っ人もすることになり

 

計7本、これはさずがに、キツすぎる、、、

 

試合の合間は、入念な準備をします。

 

この時、私が入念にすることは

 

実は、『多裂筋』のトレーニングです。

 

ストレッチも行うのですが、筋トレ重視です。

 

腰が元々悪い私なので、腰の筋肉の入力は欠かせません。

 

多裂筋のトレーニング2分~3分

 

殿筋のストレッチ

 

多裂筋のトレーニング2分~3分

 

ハムストリングスのストレッチ

 

多裂筋のトレーニング2分~3分

 

股関節のストレッチ

 

このような順番で、筋トレと股関節周辺のストレッチを

 

交互に繰り返します。

 

 

 

 

 

 

それでも、7本はキツイ、、、

 

最初の方は、ストレッチでも良かったのですが

 

最後の方は、ローラーなどの道具が欲しくなりました。

 

多裂筋も、入力が大変なくらいに、疲労困憊でした、、、笑

 

6本目にやっと、待望の1得点をマーク!

 

7本目は、学生以来に、右脚ふくらはぎがツッテしまいました!涙

 

試合後は、近くの温泉に寄り

 

身体のケア

 

塩サウナと水風呂の交代浴

 

血液の循環のケアと、筋肉を弛緩しるためです。

 

サウナの中では、足首回し。

 

疲労で足首がだいぶ固まっていました。

 

足首が固まっていると

 

膝や腰にも悪いし、循環機能も低下し、運動機能も低下してしまいます。

 

入念に足首を、何回も何回も回しています。

 

ちなみに私は、右回し左回しを100回ずつ、

 

それを3セット、合計300回ずつ回しています。

 

 

 

 

 

それでも筋肉痛が残るので

 

炭水化物とたんぱく質を、いつも以上に意識して摂取しています。

 

サッカーやトレーニングをしている皆さん

 

物理的な、ストレッチやマッサージなどのケアと

 

食事でのケアを心がけてみてください!

 

レーニングを行う以上に

 

実は、ケアの方が大切です

 

超回復ができるように、休養と食事を大切に!(^^)

 

 

pecc2016.com

一流選手と、超一流選手の違いは〇〇にある~福岡 パーソナルトレーニング 大野城~

 

 

 

一流選手と、超一流選手の違いは〇〇にある~福岡 パーソナルトレーニング 大野城

 

 

サッカーのパフォーマンスを向上させるために必要な機能は、体幹だけではありません。

最近は体幹レーニングを取り入れているアスリートが増えています。

それは、プロもアマも関係なく、体幹レーニングの重要性が浸透し、トレーニング方法もYouTubeTV、雑誌、書籍などで紹介されるようになってきています。

体幹レーニングが流行る前を少し思い出していただくと、「骨盤」の重要性も、様々な角度でうったえられていましたね。

骨盤トレーニングや骨盤矯正、骨盤をメインにした何かが言われていました。

体幹」も「骨盤」も、どっちも大切です。

しかし、もう1つ重要な部位があります。

この部位の使い方の違いが、「超一流」の選手と「一流」の選手との違いと言われています。

日本を初のワールドカップ出場に導き、日本人の中で、いち早く海外でも活躍をした超有名選手(個人を特定したことが言えないので、雰囲気で察してください)、日本人の中では、ずば抜けてフィジカルの強い選手で、日本人離れした体格と言われていました。

でも、海外の超一流選手と比較をされた場合、この選手でも、この部分の使い方が違うと言われていました。

ジダン選手、ネイマール選手などと比べると、写真でみれば一目瞭然、当時シロウトだった自分にもわかるほどの違いが、そこにはありました。

この部位の機能の違いによって、体幹の安定がまず変わります。

いくら体幹を強くしたところで、体幹を安定させながらプレーを行うには、この部位の機能向上が必須になります。

この部位の機能のおかげで、下半身をムチのように、しなやかに使いこなせられるようになります、その動きが、南米やアフリカ選手達とのフィジカルの違いででてきます。

この部位の動きを強化すると、俊敏性、敏捷性の向上が見込めまし、サッカーは何十メートルの競争はほとんどありません、数メートル、3メートルや5メートルの、短い距離を、いかに素早く動けるかによって、相手をかわすことや振りぬくことができますし、その距離を制することで、セカンドボールを拾えるようになりますし、その瞬間を作ることで、シュート成功やパス成功に繋がります。それ位、数メートルのスプリントはとても重要です。

そのスプリントができるようになるためにも、この部位の強化が重要になっていきます。

体幹強化も大切ですが、その体感を支える部位。

骨盤矯正も大事ですが、この骨盤を支える部位。

それは、「臀部」です。

臀部の機能が高いと、太ももの力が入りすぎてしまう筋肉に、無駄な力が入らなくなります。

そのお陰で、太ももを含めた下半身を自由に動かせられるようになります。

臀部が体幹を支えるおかげで、体幹が安定し、軸がぶれないようになります。

この臀部を、うまく使えている選手とそうでない選手の違いが、「超一流」と「一流」の違いとしてでてきます。

ぜひ、この臀部の機能を最大限に、中学生の世代から、活用できるようになってください。

臀部の機能向上で、必ずと言っていいほど、パフォーマンスは向上していきます。

 

 

 

 

 

 

選手が、思う存分、自分の想い描くプレーに近づけるよう、その土台(身体)作りを一緒にサポートさせていただきます。

 

 

 

pecc2016.com