【独立・起業】「よく聞く、提供するサービスを絞るって、本当に通用するの??」~福岡 パーソナルトレーニング 大野城市~

 

 

 

 

 

 

【独立・起業】「よく聞く、提供するサービスを絞るって、本当に通用するの??」~福岡 パーソナルトレーニング 大野城市

 

 

 

「提案する技術・知識・サービスに自信がないのです」

 

「そのせいで、独立したいけど、自信がなく独立できないでいます」

 

そんな悩みを教えてくださいました。

 

私も、技術・知識に自信がなく、想い悩んでいました。

 

今でも、自分の知識のなさに

 

震えるほど、恐くなることもあります。

 

そのお陰で、勉強しようと想えるのですが

 

その恐怖心を抱く気持ち、とてもわかります。

 

でも、そんなことを共感し続けても

 

結局望む結果を得られないので

 

私自身がどのようにして

 

その恐怖心を感じながら、独立したのか?

 

実体験をお話しさせていただきます。

 

前回までの内容 ⇓ ⇓

 

 

pecc2016.com

 

 

 

 

 

ダイエット関連はコチラ ⇓ ⇓

 

pecc2016.com

 

 

 

 

 

 

サッカーをしている小学生・中学生関連はコチラ ⇓ ⇓

 

pecc2016.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

技術・知識に関する内容は

 

一旦、今回で最後になります。

 

これまでの、内容を踏まえて

 

トータルで、参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

最後は、簡単です。

 

「自分の提供するサービスを決める」ことです。

 

何となく、こんな内容聞いたことありませんか?

 

ターゲットは絞れば絞るほど、良い。

 

みたいな、話しです。

 

何でもできるは、何もできないのと同じ。

 

何でもできるって、言っていると

 

問合せがこないし、紹介がおきにくいです。

 

という、マーケティングの話しや

 

本を読めばわかるような内容を話そうとは思っていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、アナタは

 

自分の技術・知識で自信がない。で、合っていますか?

 

そう、そんなアナタが

 

「何でもできる」なんて、想うことが間違いです。

 

ここに気付いてください。

 

都合の良い時は、技術・知識に自信がないと悩み

 

都合の良い時は、自分は何でもできる位凄い人間だと言っている

 

めっちゃ、矛盾しています。

 

自分もそうでした。

 

浅~い知識の基準で、何でもできると想っていたのです。

 

でも、結局

 

その分野の専門家と話すと

 

天と地ほどの差を感じるのです。

 

まずは、何でもできると想っている中でも

 

一つ絞って勉強してみてください。

 

サービスを絞れと言っているのではなく

 

絞ったところの、勉強をしてみる。です。

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、考えて欲しいのが

 

本当に絞る必要があるのか?です。

 

自分がいる状況を考えてください。

 

絞らないと、本当にいけない状況なのか?

 

アナタが置かれている場所は

 

お客様は、選び放題なのですか?

 

たとえば、単純に

 

アナタの身近に、パーソナルトレーナーはいますか?

 

いないのであれば、アナタが独占できるのであれば

 

または、直接コンタクトがとれる場合なら

 

絞る必要はない可能性も高いです。

 

それに、自分自身で

 

「絞る」という意味が実感できていないのであれば

 

まずは、的を広げてやってみてもいいと想います。

 

それをやった後に、絞ってみて

 

どちらの方が、効果的なのか検証すればいいだけなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ターゲットを場合(場所)に合わせて変えていますか?

 

スポーツクラブにいた時

 

そのスポーツクラブに、ダイエットのメニューがあり

 

さらに、加圧トレーナーの方も、ダイエットを売りにしていました。

 

私は、特に話題性になるような

 

道具もメニューも、持ち合わせていないので

 

ダイエットではなく、このA店では

 

腰痛・肩こりなど、関節の痛みを専門とした

 

立ち位置をとりました。

 

すると、スタッフも

 

痛みを抱えているお客様がくると

 

私の方に、相談をしてくれていました。

 

B店では、ダイエットも痛み改善の方もいたので

 

ゴルフのトレーナーで打ち出したり

 

姿勢改善の専門家で出したりしていました。

 

その場、その状況に合わせて

 

自分の色を変えてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

では、この辺で

 

次回をお楽しみに(^^

 

今回の内容で

 

質問・感想はコチラまで ⇓ ⇓

 

pecc2016.com